人口減少のことはもう随分と前から日本の課題としてあげられているんだけども・・・、

 

帯に書いてある”700万人の働き手を失う”というのを別の表現にしてみると

”鹿児島+宮崎+熊本+大分+長崎の人口にあたる働き手が今後13年で日本からなくなる”

ということ。

さらに、総人口になると上に書いた5県+福岡県にあたる人が今後13年でいなくなることになる。

(2030年には今と比べて約1200万人人口が減ると予測されている)

 

それだけの人口減少を人工知能やロボットが肩代わりする未来になっていくのだとすると

13年後の社会は

今の社会の常識が通用しない社会になっているかもしれない。

 

色んなデータも掲載されているので、

連休中にじっくり読みたいと思う。