マイナスな私・プラスな私

昨日の記事は、
「マイナスな私から降りてしまう。」というアプローチを
図を使って書いてみました。

今日は昨日の「マイナスな私をプラスな私に変えようとする図」を
別な角度から見てみたいと思います。

プラスな私、マイナスな私a-4

この図を、ちょっと回転させて・・・

プラスな私、マイナスな私a-3

横にしてから・・・

a-2

拡大して見てみると・・・

a

マイナスな私もプラスな私も
「私」というふうにくくって名前をつけた空間にある点にフォーカスしたもので

どちらかが「本当の私」とかではなく
どちらも「私」が表現する「状態」なだけ

ということにあらためて気づくことができます。

 

 

マイナスな私から降りてしまう

私たちは、自分の感情や状態にレッテルを貼ります。

輝いている私
らしくない私
素敵な私
ダメな私
etc…

それらはプラスな私とマイナスな私という
2グループに分けられるんじゃないかと思います。


そして、
マイナスな私をプラスな私に変えようと頑張ります。

これを図にしてみると、
0のラインより下にいるマイナスな私を
0のラインより上のプラスな私に持っていく
という感じです。

プラスな私、マイナスな私01

この0のラインは、

プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーの中間地点であり、

どちらにも偏っていない状態です。

 

この「偏っていない」に着目して、
プラスとマイナスという分け方ではなく

偏りがある・偏りが無いという分け方にしてみます。

 

感覚としては、

「偏りや拘りのない自然な状態」を地面のようにイメージすると良いかもしれません。

プラスな私、マイナスな私2

そうすると、
プラスな私もマイナスな私も
「偏りのある状態」として同じ側に位置します。

クリアリングで、
「マイナスだけではなくプラスもクリアリングしてください。」
と言われるのは、
偏りという意味ではプラスもマイナスも同じ側にある
ということからですね。

プラスな私、マイナスな私2-5

そして、
この図が示してくれるのは、
マイナスな私をプラスな私に変えたり、持ち上げたりするのではなく、

マイナスな私から降りて、
深いとことにある「偏りのない囚われのない私」に戻る
というアプローチです。

プラスな私、マイナスな私3

もともとある「その状態」へ戻る。

偏りが無いというベースの上に色んな形で湧き上がる偏り。
その偏りが苦しいものであれば、
その偏りから降りてしまう。

どこかに向かっていくことで解消するのではなくて、
その場でただ降りてしまう。

「気づいて、ただ手放しなさい。」と言われるのは
そういうことなんじゃないかなーと思います。('ω')
 

 

ダンス

いつから踊っていたのか、
いつ踊り始めたのか、
覚えていない。

周りを見ると、みんな踊ってるし。

でも、よーく見ると踊り方が違う。

次から次へと湧いてくるものに振り回されながらダンスする人。
耳と目と口を塞ぎながらただダンスする人。
湧いてくるものとどうダンスするか?を考え、コントロールしようと努力してる人。
湧いてくるものをただ眺めて、踊りたければ踊るし、そうでなければ眺めて終わる人。

ステージから降りるというのも出来なくはないけれども・・。

はてさて・・わたしは(あなたは)、どうしたいのだろう?