わたし=思考?感情?

嫌われるのが怖いと感じた自分との対話を書いています。
※初めての方は、コチラからどうぞ。
 

自分の細胞を培養して作られた臓器を体内移植するとき
培養された臓器は、
どこからが「わたし」で
どこからが「わたしじゃないもの」?

それは・・・身体の中に入ったら「わたし」。

なるほど。
んじゃ、腸内細菌は「わたし」?

(´・Д・) ・・・。
えーっと・・・
肉体っていう物理的なものだと限界だねぇ。。
うーん・・この肉体がわたしだと認識している主体が「わたし」。

具体的には・・?

意識とか思考?

いや待って、
思考よりも感情のほうが「本当のわたし」?とかいって悩んだりもしてないっけ?

確かに、理屈ではわかってるけど気持ちが~・・ってのはよくある。
この肉体がわたしだと認識している主体は思考だと思うんだけど・・・、
うーん・・・
じゃぁ、思考と感情どっちが「本当のわたし」なの?

>つづく

 

 

周りの人たちの記憶の中に無いならば

嫌われるのが怖いと感じた自分との対話を書いています。
※初めての方は、コチラからどうぞ。

わたし≠周りの人たちの記憶の中にある「わたし」のイメージ

じゃ、普段感じてる「わたし」って
一体何を指しているの?

周りの人たちの記憶の中にあるものじゃなくて、
その記憶の元とになっている対象の
個性や才能や価値観・信念の集合が「わたし」なんじゃない?

でも、
記憶喪失になったり
好みのものが変わったりしても
変わらず「わたし」・・・は、いるよね。

うーん・・・、個性や価値観・信念を表現する
この肉体が「わたし」?

じゃぁ、
自分の細胞を培養して作られた臓器を体内移植するとき
培養された臓器は、
どこからが「わたし」で
どこからが「わたしじゃないもの」になるんだろ・・?

うー・・・
(;´・ω・)

>つづく

 

 

守ろうとしてる『わたし』って、具体的には?

嫌われるのが怖いと感じた自分との対話を書いています。
※初めての方は、コチラからどうぞ。

守ろうとしている『わたし』って、具体的に何だろう??
守りたい『わたし』はどこにいるの・・?

嫌われたり、がっかりされるってことは、
「そんなんだとは思わなかった・・」とか
「幻滅した。。」とかって相手に思われる・・・ってこと。

それって、
もともとあるイメージや望むイメージがあって、
でも、実際はそうじゃなかったときに
そんな風に思うんだね。

うん。

ん???
その”もともとあるイメージ”や”望むイメージ”って
相手の記憶の中にあるものだよね。

あれ?

「わたしを守ろうとしてる」って・・・
わたしのことを知っている(考えている)、相手の中にある
「わたしのイメージ」を守ろうとしてるってこと??
ってことは、
わたし=周りの人たちの記憶の中にある「わたし」のイメージ?

いや・・それは違うと思う。
普段感じてる「わたし」って感覚は、それじゃないもの。

じゃ、普段感じてる「わたし」って、
一体何を指しているの?

>つづく

 

 

それは「嫌われるのが怖い、がっかりさせるのが怖い」から始まった

嫌われるのが怖い、がっかりさせるのが怖い・・と思うとき、
何を守ろうとしているんだろう?

半月ほど前、この問いを自分に投げかけて
じっくりとこと細かに向き合った日がありました。

・・・何を守ろうとしているんだろう?

パッと出てきたのが、
「わたしを守ろうとしてる。」
でした。

うん、そうだよねー。
わかる。

怖いって感じるものをは避けたい。
普通。

でも何か漠然とした答えだよなぁ。
んー・・
具体的に守ろうとしてる『わたし』って何だろう?

>つづく