価値観と倫理観

~・~・~・~・~
「〇〇しなければならない」とか
「〇〇すべきである」と考えている場合、
それはあなたの最高の価値観とは
違う何かをやらなければならないので、
それが自分の最高の価値観だと
無理やり思い込んでいるだけなのだ。

ジョン・F・ディマティーニ著
『最高の自分が見つかる授業』より
~・~・~・~・~

先日参加した講演会の中で
講師の岩元貴久さんが
「価値観」と「倫理観」は違う
ということをおっしゃっていました。

私たちは、
やりたい事や願望を思い描くとき
価値観と倫理観とごちゃまぜにして
悩んだり苦しんだりします。

シンプルに心躍るものを思い描いてみてください。

そして、
そこにあるのは価値観なのか?倫理観なのか?
と自分に尋ねてみて下さい。

きっと、
価値観を大切にできているときの感覚を
思い出すことができますよ♪

 

 

【開催レポート】読んで語る読書会・ビジネス雑誌編(薩摩川内)

昨日は薩摩川内市で、読んで語る読書会・ビジネス雑誌編を開催しました。
皆さん楽しんでいただけたようで、
あったかくて面白い時間を作ることができました。
ありがとうございました。

来年も薩摩川内市で定期的に開催していきます♪

<頂いた感想>
・他人に読んで調べてもらうことで、今までよりも短い時間で深く学べた気がします。
・日頃から伝え方,聞き方の姿勢が作れると思った。
・普段の読書や、人の話を聞いて学ぶときよりも、内容や気持ちが入っていきやすかった。こういったワークは初めてで緊張や不安もあったけれど、本当に楽しめた講習だった。

 

 

一貫性

~・~・~・~・~
一貫性が大切であることを無視するのは、
経営者や経営幹部が陥りやすい誤りの中でも、
飛び抜けて手痛いものである。

ジム・コリンズ著『ビジョナリーカンパニー』
~・~・~・~・~

組織レベルでも
個人レベルでも
ビジョンの一貫性は大切。

私が特に大切だと思うのが
内側と外側の一貫性。

得たい成果(例えば、お金・名声・仕事・家・etc..)と
成果を得ている時の「私・組織」が持っているであろう
価値観・信念・セルフイメージが
一致しているか?

そして、
それらにワクワクやときめきを感じるか?

 

 

自由を持っている

~・~・~・~
企業が全体として、
しっかりした基本理念を持っていないからといって、
自分の部署が
それを持ってはならないわけではない。

ジム・コリンズ著『ビジョナリーカンパニー』より
~・~・~・~

自分はこうしたい!
私はこんな成果を生み出してみたい!

心の奥底から何かエネルギーが湧き上がるようなビジョンを
あなたが所属しているコミュニティが持っていなくても

あなた自身で
あなた自身のビジョンを思い描く自由を
あなたは持っている。

誰かの許可なんていらない。