ユニセフの世界子供白書によると

2010年の全世界での年間出生数は134,754,000人。

日本の年間出生数は1,071,000人。

 

生まれてくる国が日本である確率は、

1,071,000÷134,754,000×100≒0.795(%)

 

表現を変えれば、これから世界に生まれ出る命の0.795%が手にするめぐり合わせと言えます。

 

この文章を読んでいらっしゃる方の大半が、この1%未満のめぐり合わせに合った方だと思います。

 

たまには、

1%未満のめぐり合わせに合った身として

・いま自分がいる立場

・いま自分に与えられているチャンス

・いま自分の周りにある繋がり


そして、

【いまここに在ることの意味】
を考えてみてはどうでしょうか?