誰かに対して腹をたてたり、わだかまりを感じるとき、

頭の中の自己対話の舞台は狭くなり、

ライトを浴びている登場人物は少数になっています。

 

ex. 相手と私だけ

 

限られたものしか見えていない視野をググッと広げて、

 

相手を取り巻く沢山の登場人物

あなたを取り巻く沢山の登場人物

 

相手を取り巻く様々な舞台セット

あなたを取り巻く様々な舞台セット

 

本来の舞台の広さ

 

それらに気付き思い出すだけでも

変化が生まれ、

解決の糸口が見付かります。