そんな自分もいるよね。

 

だって、

確かに

そこにいるんだもの。

 

だから

ちゃんと

手をとってあげよう。