例えば

自転車で快適に走っているときに

ギアチェンジでギア比を高くすると

負荷がかかってペダルが重くなります。

でもしばらく漕いでいると

ペダルの重さは無くなり、

自転車はギアチェンジ前より速いスピードで進むようになります。

成長するときも同じように

新しい自分にシフトするときに負荷がかかる場合があります。

そのときに、

「うわっ、しんどい」と思ってギアをもとに戻すか、

「ちょっと頑張るかー」と思ってペダルに力をこめて踏み込むか、

その選択が、同じ時間が過ぎたときに

たどり着いている場所の差を生み出すのではないでしょうか。