‎100%は難しくとも

出来るだけ

多様性と可能性を受け入れる自分でいたい。

そこから、

I'm OK. You're OK. に繋がると思うから。