脳の神経細胞の数は

子供の頃がピークで、 

後は減る一方。 

 

というのは、 

ちょっと前までの通説なんです。 

 

1990年代に入ってから 

脳について色々な研究が進み、 

大人の脳神経細胞は減る一方 

という通説は過去のものとなりました。 

 

記憶を司る神経細胞は 

大人になってからも作られています。 

年をとっても作られます。 

 

つまり、 

 

脳科学の観点から見ても 

人は成長し続けるものである 

ということなんですね。